忍者ブログ

lily cup

リサの独り言★ ~がむしゃら かつ ゆるゆると過ごす日々の出来事~
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界が終わる夜に奏でられる音楽★

ひっさびさの楡井亜木子さんの本です♪

楡井さんの本はピュアフル文庫というマイナー(はっきり言っちゃってすみません・・・でもでもマイナーでなかなか置いてないんだもん!!)なとこから出てるのしか読んだ事なくて、なかなかゲット出来ないのですが・・・

私の読書の原点とも言える渋谷のTSUTAYAに置いてあったので見つけた瞬間衝動買い決定でした♪

前に読んだ、『はじまりの空』が大好きだったので期待大★ついでに言えば、ここ1ヶ月以内に読み直した本でもあります。『はじまりの空』も自分が女になりたい!と思える小説なんだよなー。


でも若干雰囲気違うかも。前は本人たちの恋愛よりも、描かれてる世界がすごく好きだったんだけど、今回は人がホントに魅力的。

いろんな本を読んでていいなと思うけど、家族でも恋人でもない人と同居する機会なんてなかなかない。でも、もしその機会があったら、何か起こるのかな。こんな素敵な気持ちを持てるのかな。

もしそんな機会があったときに、その気持ちにふさわしい人になりたい。
自分が誰かをいい男にするって言うためには、自分がまずいい女にならなきゃ言えないから。



 自分の出した結果を讃えれば讃えるほど、私の心は切り裂かれていく。その破片は身体中に散らばって、必死にもとの場所に戻ろうとするのだけれど、後からやってくる新しい破片に、よりおかしな場所におしこまれてしまうのだ。全身が、辛うじて顔に出さずに我慢できるくらい、痛い。だって心のある場所が、間違ってるんだもの。それにばらばらにされてるし。誰に?私は痛みに耐えながら思う。そんなこと聞かないで。
 耕太を引き取った時にはわからなかった理由が、いまはわかる。私はあの時、耕太の未来を一緒に見てみたかったのだ。まったく何も持っていない、ただ傷だらけの彼がいろんなものを手に入れていくのを、いつも傍にいて、一緒に経験したかったのだ。
 私は、彼の未来と自分の毎日を重ね合わせたかったのだ。彼のために、じゃなくて……。

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[03/14 わかたか]
[03/14 わかたか]
[12/04 ayumi]
[04/21 わかたか]
[04/21 わかたか]
HN:
リサ
HP:
性別:
非公開
趣味:
トランポリン・囲碁・スキー・読書・陶芸
自己紹介:
自由気ままに生きてます★かなりの負けず嫌いで、好きなことはとことんやるタイプです♪

自己顕示欲が強く、何かを作るのが大好き!
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe