忍者ブログ

lily cup

リサの独り言★ ~がむしゃら かつ ゆるゆると過ごす日々の出来事~
[178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [170]  [169]  [168]  [167

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

でかい月だな★

第19回小説すばる新人賞受賞作です♪


ん?私そんなに賞に興味あったっけ?って声が聞こえてきそうですが。


そりゃあそんなもんに興味あるわけない!!!どキッパリ。


じゃあなぜか、それは帯に村山由佳さん驚愕って書いてあったからですよ★

『生まれて初めて書いた小説が、これか! 見よ。才能とはかくも残酷なものである。書ける人は、はじめから書けるのだ。』


なんて書かれたら読まないわけにはいきません☆


んで、肝心の中身ですが・・・。すごい!!!!おもしろかったーーーー♪


引き込まれるまでに時間が多少かかりましたが入ってしまえば私は、天才だけど悪魔のような中川が次何をいうのか気になり、眼帯少女のかごめがいつ口聞いてくれるのかユキに大ケガをさせた綾瀬は今どこにいるのかなどなど気になってしょうがなくて、一気に読んでしまいました。

当たり前にあったものがなくなった少年が、それをなくす原因になった少年に何を思うのか。周りはどういう反応をするのか。

すごく見に覚えのある感情が交錯していた。行き場のない感情。たぶん誰もが一度くらいは体験してる凶暴でおさえのきかない感情。

それがすごくうまく描かれていて、その収束の仕方も好きだった。




 信じられるだろうか。その夜、ぼくは飽きるほどシュートをし、もう嫌というほどシュートを繰り返したんだ。
 そうしているうちに、色々なことを思い知った。ぼくの右足は、もう本当の本当にバスケをやるには致命的な代物になってしまったんだってこと。ずいぶんと体がなまっていたこと。それから、ぼくはバスケを好きな気持ちまで失う必要なんてまったくなかったんだってこと。だって今、こんなにも楽しい。飽きてなお繰り返せるくらい楽しい。止まっていた時計が動き出したのがはっきりとわかる。ぼくは生き返った。
 いつかまたボールを買おう。夜中にひっそりシュートを決めよう。そんなのは所詮オナニーだ。けど、それがどうした。オナニーして何が悪い!ぼくは開きなおった。
 そうさ。ぼくの穴は永久に埋まらない。だから埋めない。
 もしもこの先まだまだ悪いことがたくさん起こって、もっと大きな穴や、小さな穴や、中くらいの穴が空いたとしても。僕は埋めない。欠けた場所は欠けっぱなしにしておけばいい。だけどぼくには新しい何かが違う場所に付け加えられていくだろう。
 たとえば今、ぼくは中川という要素が加わった。そうやって、ぼくはどんどん姿を変えていき、生まれた頃とは似ても似つかない異形のモンスターになっていけばいい。
 怪獣になったぼくはギャオーっと咆哮を上げ、鉄塔を蹴散らして。――生きるんだ。
PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[03/14 わかたか]
[03/14 わかたか]
[12/04 ayumi]
[04/21 わかたか]
[04/21 わかたか]
HN:
リサ
HP:
性別:
非公開
趣味:
トランポリン・囲碁・スキー・読書・陶芸
自己紹介:
自由気ままに生きてます★かなりの負けず嫌いで、好きなことはとことんやるタイプです♪

自己顕示欲が強く、何かを作るのが大好き!
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe