忍者ブログ

lily cup

リサの独り言★ ~がむしゃら かつ ゆるゆると過ごす日々の出来事~
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深淵のガランス

もう一冊北森鴻さんの本です★これは今日読みました。

北森鴻さんの魅力は美味しい食事と先ほど書きましたが、もう一つ私の好きな世界があります。
旗師の宇佐美陶子シリーズや異端の民俗学者、蓮丈那智と内藤三國のコンビ、そしてこの花師と絵画修復師の二つの顔を持つ佐月恭壱などが織り成す、古美術(表現として正しくないというか浅すぎるものになってしまって、申し訳ないのですが今はまだわからないです。何かわかったら訂正します。)の世界です。

陶子の戦いを応援してたら骨董の世界に興味がわき、
那智と三國のファイルを覗いたら民俗学を学びたくなり、
佐月恭壱の仕事を見てたら絵画を見てみたくなるという、
なんとも好奇心をくすぐられる人たちと世界です。
私のつたない言葉では伝えられないので、ぜひ一度手にとっていただきたいなぁと思うラインです。一つずつでももちろん楽しめますが、陶子さんはどの作品にも登場するので、他のも併せて読むほうが楽しめるかと思います♪

佐月恭壱とは今日はじめての出会いでしたが、アイリッシュウィスキーが飲みたくなりました。あとご馳走になってた焼き味噌も食べてみたい!!自家製の田舎味噌は作れないけど、この本に書いてあった通りに作ってみようかな。
なんて、ちょっと油断すると食い気に走ってしまいますが(笑)恭壱の絵画修復師としての顔が素敵です。思えば、この3つのラインで男性がメインで活躍するのは珍しい気がします。なんていうとミクニに怒られそうですが、那智先生がメインで解決してるから仕方ない。
こんな人が現実にいたら会ってみたいです。惚れちゃいそう★


筆を細く、平筆から丸筆へ、バックの山々をナイフで切り取るようにそぎ落とすように表現する。その上からさらに筆を使うのは、絵肌に鋭さと丸みを共生させるためだ。
この瞬間、佐月恭壱の中に時間の観念はない。
生命を維持するための生存本能もない。
人間であることすら忘れて、佐月恭壱という一個の生物と化す。
PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[03/14 わかたか]
[03/14 わかたか]
[12/04 ayumi]
[04/21 わかたか]
[04/21 わかたか]
HN:
リサ
HP:
性別:
非公開
趣味:
トランポリン・囲碁・スキー・読書・陶芸
自己紹介:
自由気ままに生きてます★かなりの負けず嫌いで、好きなことはとことんやるタイプです♪

自己顕示欲が強く、何かを作るのが大好き!
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe